【コスプレ初心者さんへ】コスプレウィッグの基礎知識!コスプレイヤーの私が解説します☆

コスプレイヤーを始める時に、欠かせないのがコスプレウィッグ。

初めてコスプレをする時、周りに聞ける友達がいないと不安ですよね。

「ウィッグってどんな種類があるの?」

「何を基準に選べばいいんだろう…」

いろいろ知りたいことがあると思います。

 

この記事では、そんなあなたの不安全てを解消します。

この記事を通して、「ウィッグの基礎知識」「どんな種類があるか」「どこで買えばいいか」をお伝えしていきます。

はじめまして。今年でコスプレイヤー歴8年目。

関東でコスプレをしている華乃(かの)と申します。

私がコスプレイヤーを始めようとした時、コスプレについて聞ける友達は0人でした。

ウィッグのことを調べようにも、情報がまとまっているサイトがなかなか無くて色んなサイト色んなサイトから情報を集めていく必要がありました。

 

せっかく『コスプレ』を始めようとしているのに、情報を集める事で苦戦してほしくありません。

ですので、この記事では初心者の時に自分も知りたかったことを思い出しウィッグについて疑問に思うこと全てを解説できたらと思います。

では早速、始めていきましょう。

 

ウィッグの基礎知識

まず初めに、ウィッグについての基礎知識をお話します。

ここでは「ウィッグは何からできているのか」を筆頭に、「ウィッグの基礎知識」を解説していきます。

 

ウィッグは何からできている?

ウィッグは大きく分けて「人毛ウィッグ」「人工毛ウィッグ」の2つに分類されます。

 

「人毛ウィッグ」は、人の髪の毛で作られているウィッグです。

主に、医療用メーカーから普段使い向けに販売されています。

<リネアストリア公式 より人毛100%ウィッグ>

コスプレでは「人毛ウィッグ」は使いません。

コスプレをする時に使うのは「人工毛ウィッグ」です。

 

「人工毛ウィッグ」はアクリルやナイロンを始めとした洋服にも使われている化学繊維で作られています。

「人工毛」は形状記憶があり、好きな形にセットができたり、種類や色味も豊富です。

 

ウィッグには耐熱と非耐熱がある

ウィッグには、ヘアアイロンでセットのできるもの、できないものがあります。

ヘアアイロンを使えるか使えないかは購入の際に「耐熱」であるか「非耐熱」であるかをご覧ください。

「非耐熱」と記載のあるものは、熱で溶けてしまうためヘアアイロンやコテは使えません。

 

「耐熱」と記載のあるものは、熱に強い化学繊維で作られているためヘアアイロンやコテでのヘアセットができます。

また、「耐熱」と書いてあるものでも「180℃まで」など温度の条件があるので併せて確認しておきましょう。

<アシストウィッグ公式 より>

 

耐熱ウィッグは熱でヘアセットができる

「耐熱」ウィッグであれば、地毛をセットするのと同じようにヘアアイロンやコテでヘアセットができます。

しかし、セットするときの感覚が地毛とは少し違うんです。

 

ウィッグは化学繊維でできています。

同じく科学繊維でできている『洋服のアイロンがけ』を思い出してほしいのですが、

あれって熱で布が柔らかくなったことで布がまっすぐになり、冷めることでその綺麗な形のまま固まりますよね。

ウィッグも洋服のアイロンがけと同じで、「熱で柔らかくなり、冷めるとその形で固まります」

 

この感覚が、地毛をセットするときとウィッグをセットするときの違いを感じさせます。

 

ウィッグを触ってみることで扱い方の感覚がわかってきます。まずは「熱で柔らかくなり、その熱が冷めると固まる」ことを思い出しつつ初めてのウィッグセットに挑戦してみてください。

 

コスプレイヤーはヘアアイロンやコテをうまく使って、ウィッグをキャラクターの髪形へセットしています。

ウィッグセットをする時に必要なものはコチラにまとめておきました。

 

初めてのウィッグカット、セットをする前にぜひご覧になってみてください。

 

被るときはネットが必要



ウィッグを被るときは、地毛の上からではなく『ウィッグネット』で髪をまとめてから被ります。

上の写真で水泳帽の形になっている黒いアミアミがウィッグネットです。

最近のコスプレ専門店ではウィッグを買うと『ウィッグネット』も無料で付けてくれるので別で買わなくても大丈夫です♪

 

もし、無くしてしまった場合でもコスプレ専門店で別売りで買うことができます。

 

ウィッグの仕様の基礎知識

ウィッグはメーカーによって、毛量や加工などの仕様が違います。

ここでは「毛量について」「どんな加工ウィッグがあるか」「どんな違いがあるか」を解説していきます。

 

毛量について

毛量はウィッグの毛の量のこと。

下の写真のように同じショートウィッグでもメーカーによって毛量が違うんです。

 

スワローテイルさんのショートウィッグ

毛先の毛量が軽く、全体的にも毛量が少な目でクールな印象です。

 

アシストウィッグさんのショートウィッグ

書いてある通り、毛量の多めなウィッグ。

毛量が多いので、いろんなアレンジで表現ができそうです。

 

 

キャラクターによっては、ぺたんこなストレートのショートヘアだったり

<ラブライブ!公式 より>

ふんわりボリュームのあるショートヘアのキャラクターもいますよね。

<アイドルマスターシンデレラガールズ公式 より>

 

キャラクターのウィッグを探す時は、ウィッグの毛量も見ながら選ぶとそのキャラクターの髪形に更に似せることができます。

 

ふかし加工って?

ウィッグには初めから『ふかし加工』がされているものもあります。

『ふかし加工』とは、ウィッグのボリュームを出すために部分的にチリチリとした短い毛が入った加工のことです。

 

ストレートではなく、根元にチリチリの毛が入っているのがわかると思います。

 

前髪や頭頂部、襟足などのペタッとなりやすい箇所に入っていることが多く、

ふかしが入っていることで、ウィッグを立ち上げやすかったり、ウィッグセットをした時に下地のネットが透けることを防いでくれます

 

『ふかし加工』の入ったウィッグは毛束の立ち上げがしやすいことから、ツンツン系のウィッグを作りたい時にオススメです。

例えば『呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)』の『虎杖悠仁(いたどりゆうじ)』のようなツンツン系のウィッグを作るときは、

ふかし加工があるものを選ぶと立ち上がったツンツンをうまく作ることができます。

<呪術廻戦アニメ公式 より>

 

つむじの形にも種類がある

ウィッグのつむじの形にも種類があります。

コスプレウィッグで多いのが『※型』『*型』です。

『*型』のつむじ

 

人間のつむじと同じように分け目から放射線状に髪が生えているような形のつむじです。

『*型』のつむじは、自然に見えるのでナチュラルな髪型のキャラクターにオススメ。

しかし、根元がペタンコのため立ち上げが難しいので全体的にツンツン系のウィッグを作りたい場合は少し技術が必要です。

『*型』のつむじでツンツン系の髪形を作りたい時は、根元にふかし加工が入っているものを選ぶと良いでしょう。

 

コスプレウィッグには珍しい『人工頭皮付きのつむじ』というつむじのウィッグもあります。

人の頭皮を再現して作られているので他のつむじに比べて更に自然に見えるつむじです。

『人工頭皮付き』のつむじ

上の写真をみて、先ほどのつむじにはなかった肌色の頭皮のような部分があるのがわかると思います。

 

また、ファッションウィッグに多い『I型』は女性キャラクターに似合う自然な形をしてます。

『I型』のつむじ

 

以上の3つが、基本的なウィッグのつむじの形です。

コスプレで販売されているウィッグは、基本的に『※型』『*型』が多くたまに『人工頭皮付きのつむじ』が置いてあります。

つむじの形は、ウィッグの販売ページに書いてあるので安心してください。

 

 

ナチュラルな髪型であればつむじがある方が自然に見えるし、ツンツン系などの毛束の立ち上げが多いキャラクターであればつむじが無くても気にならないから、つむじなしのふかし加工されたウィッグがいいかもね。
ウィッグを買う時は、キャラクターの髪形に似せるためにもつむじの形も意識してみよう!

ウィッグの長さと種類について

この項目では「ウィッグの長さとその名称」「どんな種類があるのか」を説明していきます。

基本的には「ショート」「ミディアム」「ロング」など地毛の長さと同じ名前で分類されています。

自分のなりたいキャラクターをイメージして、どの形のウィッグを買うか考えてみて下さい。

 

『コスプレウィッグ専門店アシストウィッグ』『耐熱性ウィッグ専門店スワローテイル』の実際の写真と一緒に解説していきます。

 

【定番】ショートウィッグ

髪の毛の長さが耳下あたりまでの、ショートスタイルのウィッグです。

上の写真のようなストレートのものが一般的ですが、ウィッグメーカーによっていろんなパターンのものが販売されています。

 

参考に、『アシストウィッグ』のショートウィッグ一覧をご覧ください。

<アシストウィッグ公式 より>

一口に「ショートウィッグ」といっても、メーカーさんそれぞれに特徴の違うウィッグが並んでいます。

色んな作品、色んなキャラクターがいるので、そのキャラクターになるためにと色んな特徴のあるウィッグを用意してくれているんですね。

 

また、こちらは『スワローテイル』のショートウィッグ。

<スワローテイル公式 より>

『ライトショート』という名称で、毛量が軽めのストレートなショートウィッグが並んでいます。

このように『ショートウィッグ』と名前が付いていても、それは髪の毛の長さを表しているものであり

各メーカーによって特徴の違うショートウィッグが置いております。

 

ポイント

『ショートウィッグ』というのは、毛が耳下あたりまでの短さのウィッグの総称

『ショートウィッグ』といっても、それぞれのメーカーで特徴の違うものが置いてあるので自分のコスプレしたいキャラクターのウィッグを探す時は色んなメーカーさんを見てみましょう。

 

【定番】ミディアムウィッグ

髪の毛の長さが肩あたりまでの、ミディアムスタイルのウィッグです。

上の写真のようなシャギーの入った軽めのものもあれば、同じミディアムでもボブカットのように毛先の重いスタイルもあります。

 

ミディアムボブウィッグ

 

こちらも、メーカーによって毛量の多さ、サラサラ感、毛先の重さなどが違ったものが置いてあります。

 

ポイント

『ミディアムウィッグ』というのは、毛が肩あたりまでの長さのウィッグの総称

『ミディアムウィッグ』といっても毛先が軽いもの、ボブスタイルのものなど
それぞれのメーカーで特徴の違うものが置いてあるので自分のコスプレしたいキャラクターのウィッグを探す時は色んなメーカーさんを見てみましょう。

 

【定番】ロングウィッグ

髪の毛の長さが鎖骨当たりより長い、ロングスタイルのウィッグです。

ロングウィッグも、毛先の重さや毛量が各メーカーで異なります。

 

ポイント

『ロングウィッグ』というのは、毛が鎖骨当たりを越える長さのウィッグの総称

『ロングウィッグ』といっても毛先が軽いもの、毛量の多いものなど
それぞれのメーカーで特徴の違うものが置いてあるので自分のコスプレしたいキャラクターのウィッグを探す時は色んなメーカーさんを見てみましょう。

 

ウィッグの長さは、基本的にはざっくり分けて「ショート」「ミディアム」「ロング」の3つです。

髪形が地毛でも再現できるくらいの難易度であれば上の3種類のどれかのみでコスプレができます。

 

ボリュームのあるカールのキャラクター、大きなツインテールのキャラクター、オールバックのキャラクターなど、

髪形が特殊なキャラクターのコスプレをしたい時は「特殊加工ウィッグ」「ポイントウィッグ」を扱うことになります。

 

次の項目では、「特殊加工ウィッグ」「ポイントウィッグとパーツ」について解説していきます。

 

特殊加工ウィッグについて

通常のウィッグとは違い、初めから特殊な加工が施されているウィッグです。

どんなものがあるのか、どんな時に使うのかも込みで解説していきますね。

 

カールウィッグ

初めから巻き髪のカール加工がされているウィッグです。

だいたい、ミディアム以降の長さで販売されていることが多い。

こんな時に使う

・巻き髪のキャラクターのコスプレをする時

・ボリュームのあるツインテールを作りたい時

 

オールバック加工ウィッグ

 初めから、オールバックの形で作られているウィッグです。

通常のウィッグをオールバックにしようとすると、前髪を自然に立ち上げるのが難しいのですがオールバック加工ウィッグであれば初めから前髪が立ち上がっています。

 

こんな時に使う

・オールバックのキャラクターをコスプレする時

 

ポイントウィッグとパーツについて

被るウィッグ(フルウィッグ)と併せて使うのがポイントウィッグです。

また、キャラクターの髪形を再現するために使う部分的なパーツウィッグもあります。

どんなものがあるのか、どんな時に使うのかも込みで解説していきます。

バンス

クリップが付いていて、フルウィッグに取り外しのできる大きな毛束です。

初音ミクのような大きなツインテールや大きなポニーテールを再現するときに使います。

 

 

ウィッグと同じで、バンスにもカールバンスという巻き髪加工のバンスがあります。

カールバンス

こんな時に使う

・ツインテール、ポニーテールのキャラクターをコスプレする時

 

お団子パーツ

<アシストウィッグ公式 より>

フルウィッグに取り外しのできる、お団子の形をしたポイントウィッグです。

ウィッグでお団子を作るのはすごく難しいのですが、お団子パーツであれば取り付けるだけなので簡単。

 

例えば、『僕のヒーローアカデミア』の『トガヒミコ』のようなお団子ヘアーのキャラクターに使ったりします。


<僕のヒーローアカデミア公式 より>

こんな時に使う

・お団子のあるキャラクターのコスプレをする時

 

生え際パーツ

人工頭皮のようなメッシュのついた毛束です。

メッシュ部分と一緒にフルウィッグに貼るだけで、自然な生え際のように見せることができます。

 

参考に『アシストウィッグ』さんの制作例をご覧ください。

このパーツを上手く使うことで、先ほどの『オールバックウィッグ』より更に自然に生え際を再現することができます。

 

こんな時に使う

・オールバックのキャラクターのコスプレをする時

・生え際、もみあげの再現をする時

 

毛束パーツ

毛が束にまとまっていて、取り付けのできるパーツです。

例えば、『ツイステッド・ワンダーランド』の『フロイド・リーチ』のように

メッシュや、一部だけ色味が違う髪色のキャラクターを再現するときに使います。

ちょっとだけ別の色の毛が欲しい時に、最適です。

 

こんな時に使う

・メッシュのあるキャラクターのコスプレをする時

・一部だけ他の色味の髪色のキャラクターをする時

 

 

基本的によく使われるポイントパーツはこの4種類です。

他にも、つむじの位置を変える『つむじパーツ』や初めから綺麗に編み込まれている『三つ編みパーツ』というのもあります。

 

自分のなりたいキャラクターに合わせて、ポイントウィッグやポイントパーツを活用してみてくださいね。

 

ウィッグのカラー(色味)について

ウィッグの色味も、販売先のメーカーによって様々な色の用意があります。

 

例えば、こちらは取り扱いカラー数が多いと人気のアシストウィッグのレッドの色味一覧です。

定番のレッドからニュアンスの違うレッドまでが揃っています。

 

そしてこちらが、コスプレウィッグ販売店のエアリーさんのレッド系一覧。

(一部を抜粋)

エアリーは、肌なじみの良い色味が多いと人気。

比べて頂いて、それぞれのウィッグメーカーの色味の違いと良さを感じられたと思います。

 

メーカーさんによって、ウィッグの色味は様々です。

どこのメーカーでも自社のオリジナルカラーを持っているので、コスプレをしたいキャラクターができたら色んなメーカーのサイトを見に行き

納得がいくまで色を比較検討するのがオススメです。

 

ネットで見る写真によっては、実際のウィッグの色味と若干違うことも・・・
ウィッグの本当の色味を確認したい時は、カラーサンプルを頼むと確実だよ。

 

カラーサンプルとは、メーカーさんのウィッグの色味を手に取って確認できるサンプル一覧です。


<アシストウィッグ公式 より>

こちらは、アシストウィッグさんのカラーサンプル。

実際のウィッグの色味を目で見れることで、届いてからの「ちょっと違う…」を無くすことができます。

 

カラーサンプルは、ウィッグを扱っているメーカーさんであればほとんどの所で購入することができます。

 

キャラクターウィッグについて

『キャラクターウィッグ』というウィッグがあります。

『キャラクターウィッグ』は、初めからそのキャラクターのセットに加工されているウィッグです。

 

少しのセットやカットでそのキャラクターの髪形として使えるため、初心者さんにオススメ

様々なメーカーから販売されており、

ものによっては出来の悪いものもあるため、購入の際は口コミもチェックすると失敗を防ぐことができます。

 

ウィッグはどこで買う?

さて、ウィッグについての基礎知識はこれで完璧です。

それではさっそくウィッグを手に入れたいところですがどこで買えるのでしょうか。

最後にどこで買えるかについて説明していきます。

 

店舗で買える

アシストウィッグの実店舗や、コスプレ中古衣装販売店のまんだらけなどお住いの都道府県にあるコスプレ専門店でウィッグを購入することができます。

メリット:実際の色味を目で確認できる
デメリット:店舗に在庫の無い色味は購入ができないか取り寄せになる

 

ネット通販で買える

今回お話の中で紹介した、コスプレ専門店の通販サイトでウィッグを購入することができます。
また、最近はAmazonにも多くのメーカーさんからの出品があるのでAmazonもオススメです。

メリット:豊富な色味の中から選ぶことができる
デメリット:届いたものが思ってたのと違う時がある

 

フリマアプリで買える

メルカリやラクマなどのフリマアプリでもウィッグを購入することができます。

メリット:既にカットやセットがされている場合がある
デメリット:未使用でないものは一度誰かが使っている中古品になる

以上、ウィッグを買える場所の紹介でした。

 

理想のウィッグを見つけるためには、時間をかけて色んな所をみるのが良いですね。

 

 

【おまけ】キャラクターのウィッグ購入事例

今回は、ウィッグの長さやどんな種類があるのか、そしてポイントパーツなどについてもお話をしました。

上記を踏まえて、もし私がこのキャラクターをするならこうやって探して買う!というのを紹介します。

初めてのウィッグ選びの参考になると嬉しいです。

 

 

ウィッグはそのキャラクターに似せるために、すごく重要な部分。いつも時間をかけてどこで何を買うか悩んでいます。

 

初音ミクのウィッグを選ぶなら…

今回は、誰もが知っている有名キャラクター。

初音ミクのウィッグを買うシミュレーションをお届けします。

どのパーツを一緒に使うか、色の選び方など参考になると幸いです。

私が初音ミクのコスプレをする場合は、ウィッグは『ショートウィッグ』1つ『バンス』を2つ買います。

初音ミクの髪色は明るめなグリーン。

肌から浮いてしまうのを避けたいので、色味は肌なじみの良いことで人気なエアリーの『エメラルドグリーン』に決めました。

 

カットもしやすそうなこちらの『カスタムショート』を選びました。

色味が合うように、バンスも同じ色で揃えたいので同じくエアリーさんで『エメラルドグリーン』のバンスを探します。

 

・・・と、ここで問題が。

初音ミクのツインテールは長いので100㎝のバンスを買おうと思ったのですが、なんと『エメラルドグリーン』のバンスは品切れでした。

 

ウィッグと同じ色のバンスが在庫切れ・・・
バンスを買う時あるあるです。

 

『エメラルドグリーン』がすごく気に入ってただけにショックです。

こうなると、別の色味で探しなおすしかありません。

 

他のメーカーさんのサイトも回ってみて、アシストウィッグの『チョコミント』がいいなと思いました。

バンスの方が在庫切れになっていることが多かったので、次はバンスの方から色味を探してみました。

 

後は、同じ『チョコミント』のショートウィッグを探すだけです。

ありました!

初音ミクの髪のようにストレートで加工がしやすそうなのでこちらの『クラシックレイヤー』という形に決めました。

 

これで、初音ミクのウィッグのお買い物は終了です。

 

私は、ウィッグを買う時は一定のショップで買うのではなく『キャラクターに一番似ている色と形』を探していろんなショップを見ています。

また、今回は自分でウィッグセットをすることを前提に無加工のウィッグを探していましたが人気のキャラクターであれば『キャラクターウィッグ』が販売されているのでまだ加工に慣れていないうちは『キャラクターウィッグ』を買うのも良いと思います。

 

初音ミクのキャラウィッグ

キャラウィッグの場合、髪飾りも一緒についてきたり自分でウィッグとバンスを買って作るより安く揃えられることもあります。

 

安さを取るか、質を取るかでもウィッグの選び方は変わってくるのでその時の自分の気持ちに合わせてウィッグを探してみてくださいね。

さて、今回のウィッグについての記事はお役に立てましたか?

 

この記事を読んで「役に立った」や、「誰かに教えてあげたい」と感じて頂けたら、ぜひ下のボタンからTwitterでシェアしてもらえると嬉しいです。

この記事をシェアする

もし、このページにない「これも知りたい!」というのがあれば、上のボタンからツイートして教えてもらえると助かります。

 

知識があるのとないのでは、選ぶ時に注目できるポイントの数が変わります。

基礎知識を知っていることで、これからはもっと理想のウィッグに出会うことができるでしょう。

 

あなたのウィッグ選びが、更に楽しいものになりますように。

 

関連記事

  1. コスプレ初心者に最低限必要なメイク道具とは?あると良いコスメ大解説

  2. 【コスプレ初心者さんへ】初めてのカラコン!眼科受診の仕方、当日の流れを解説します

  3. 【初心者向け】コスプレウィッグの正しい被り方と綺麗に被るコツ

  4. 【コスプレ初心者さんへ】コスプレ歴8年の私がお勧めするコスプレカラコン販売店

  5. コスプレ初心者がしやすい男女12名のオススメキャラクターを紹介!

  6. コスプレ初心者さんが知っておきたいコスプレ専門用語辞典

  7. 【コスプレ初心者さんへ】失敗しない!コスプレ衣装専門店3つと+αを紹介

  8. 【コスプレ初心者さんに】安いのに高品質!カット、セット向けなコスプレウィッグ専門店4つを解説!

  9. 【コスプレ初心者さんへ】ウィッグのカット・セットに必要な物と『あるといいアイテム』一覧

PAGE TOP