コスプレ初心者に最低限必要なメイク道具とは?あると良いコスメ大解説

この記事で分かる事

・コスプレメイクに最低限必要なコスメ

・あると良いコスメとアイテム

 

みなさん初めまして。

コスプレ初心者から8年が経ったコスプレイヤーの華乃です。

 

みなさんは「コスプレメイクに必要なメイク道具を知りたい」と思っていませんか?

 

コスプレを始めようと思うと、まず立ちはだかってくるのが「何が必要?」という疑問の壁ですよね。

コスプレをするのであれば、メイク道具は必ず必要です。

 

まだ日常のメイクをした事が無い方も、安心してください。

この記事では、コスプレ初心者さんが

・コスプレメイクを始める時に最低限持っておくべきコスメ

・プラスであると良いコスメとアイテム

の2つを分かりやすく丁寧にお伝えしていきます。

 

コスプレメイクに最低限必要な化粧品

 

どんなコスメなのかなどの詳しい紹介は後程に、まずはコスプレメイクに最低限必要なコスメを紹介します。

 

コスプレメイクに最低限必要なコスメ
【ベースメイク編】
・化粧下地
・ファンデーション
 
【アイメイク編】
・アイライナー
・アイシャドウ
・まつ毛マスカラ
・アイブロウペンシル
 
【リップメイク編】
・リップクリーム
・お好きな口紅やリップグロス

 

コスプレメイクは、普段のお化粧にキャラクターの特徴をプラスするメイク。

ですので、まずは普段のお化粧ができる最低限のコスメが必要です。

 

上で挙げているお化粧道具は、日常のメイクをするために最低限必要なコスメです。

まずは、この「日常のお化粧ができる最低限のコスメ」を揃えていきましょう。

 

化粧道具はどこで買える?

お化粧品は、近くのドラッグストアや最近ではコンビニでも揃えらます。

また、Amazonなどのネット通販でも買うことができるのでご覧になってみて下さい。

コスメを揃えるのにかかるお金

 

上で挙げた、「日常のお化粧ができる最低限のコスメ」を揃えるのにはお金はいくらかかるのでしょうか。

ドラッグストアに売っているコスメを参考に、それぞれのコスメの安いものの価格をまとめてみました。

 

最低限必要なコスメの安い価格一覧
【ベースメイク編】
・化粧下地 →1,100円
・ファンデーション →1,300円
 
【アイメイク編】
・アイライナー →1,000円以内
・アイシャドウ →1,200円
・まつ毛マスカラ →1,200円
・アイブロウペンシル →900円
 
【リップメイク編】
・リップクリーム →1,000円
・お好きな口紅やリップグロス →1,000円

 

ドラッグストアに売っているものであれば、基本的にどのコスメも1,000円前後のお値段で買うことが出来ます。

特に、お化粧が初めてのコスプレイヤーさんにオススメなのが「CANMAKE(キャンメイク)」というメーカー。

どのコスメも色味など種類が豊富で、チークは632円から、化粧下地も660円からなど、プチプラ(安い)価格でコスメを手に入れることができるコスメブランドです。

ドラッグストアのコスメコーナーに良く入っているメーカーなので、ぜひお近くのドラッグストアをチェックしてみて下さいね。

 

また、最近では100均でも様々なコスメを買うことができます。

お肌が弱い方にはオススメできないのですが、まずは安く揃えたい時は100均でコスメを用意してみても良いと思います。

 

最低限必要なコスメを大解説

 

お待たせしました。

それでは、コスプレメイクに最低限必要なコスメとその役割を解説していきます。

 

【ベースメイク編】

ベースメイクとはその名前の通り、これから顔にしていくメイクの土台(ベース)となるメイクのことです。

化粧下地を塗り、ファンデーションを塗る事で顔全体の肌の凹凸を均一にし、滑らかな土台を作ります。

このベースメイクを行うことで、シミや毛穴など肌の気になる部分を綺麗な肌色にカバーし、美しい肌のお顔を作る事ができます。

では早速、ベースメイクに必要なアイテムを見てみましょう。

 

化粧下地

<Amazon.co.jp>

ベースメイクをする時に、一番初めにお顔に塗るお化粧品です。

水のようにサラっとしているものもあれば、乳液のようにコックリしているものもあります。

乾燥肌さんやテカリ肌さんかによって、合う化粧下地のタイプが変わります。

 

また、化粧下地には「カラー下地」といって、なりたい仕上がりになるために色の付いているものもあります。

お化粧が初めての方にはまず通常の肌色の下地を試してみるのがおススメです。

基本的に自分の肌よりワントーン明るいものが良いと言われていますが、選ぶのが難しい時は店員さんに聞くと教えてもらえますよ。

 

ファンデーション


<Amazon.co.jp>

通常は、化粧下地を塗った後その上に重ねて使うお化粧品です。

下地単体のみだと、肌色にムラがあったり隠したい肌荒れや毛穴を隠し切れないですがその上からファンデーションを塗る事でお人形のような綺麗な肌になることができます。

ファンデーションはザックリ分けて3種類のタイプがあります。

①粉のようなパウダーファンデーション

②液体上のリキッドファンデーション

③今流行りのスポンジ状のクッションファンデーション

 

ファンデーションは自分のお肌に合ったものを選ぶことで、化粧ノリもアップし滑らかな肌になることができます。

自分に合うファンデーションが分からない方は、肌タイプ別に合うファンデーションをまとめてくれているARINEさんのこの記事がおススメです。

 

ファンデーションは基本的に化粧下地の上に重ねて塗るものですが、まれに化粧下地が無くても良いものもあります。

化粧下地が必要かそうでないかは、選んだファンデーションの外箱に書いてあるので確認してみてください。

 

【アイメイク編】

 

アイメイクは、目の大きさを強調させたりクールな印象を与える切れ長の目を作れたり

目元を華やかにすることのできるメイクです。

アイメイクに最低限必要なお化粧道具はコチラです。

 

アイライナー

<Amazon.co.jp>

目の輪郭周りに線を引き、目を大きく見せたり切れ長に見せることのできるコスメです。

筆ペンのような筆タイプと、クレヨンのようなペンシルタイプがあります。

初めて使う方は、線の引きやすい筆ペンタイプをオススメします。

 

アイライナーで目の周りにアイラインを引くだけでも顔の雰囲気がとても綺麗になりますよ。

 

アイシャドウ

<Amazon.co.jp>

まぶたに色をつけることのできるコスメです。

こちらも、使うことで華やかな目元になることができます。

アイシャドウにはラメタイプや様々な色があります。

基本的に誰にでも似合う色はブラウンですので、初めての時に迷ったらブラウンで試してみるのが良いかもしれません。

 

まつ毛マスカラ

<Amazon.co.jp>

まつげをクルンとカールさせたい時に使うコスメです。

まつ毛に塗って、ビューラーで上げてカールの形を作る事で目元がぱっちりして可愛くなります。

 

ビューラー

<Amazon.co.jp>

先ほどのマスカラと合わせて使います。

まつげを挟み手元のハンドルを握ることで、まつげを上向きにあげることができます。

 

アイブロウペンシル

<Amazon.co.jp>

まゆげを書くためのコスメです。

お化粧をする時、ファンデーションを塗る事で顔の色がいつもより明るくなります。

顔の色が明るくなると、眉毛が目立ってしまうのでアイブロウペンシルで綺麗な形に整えておきましょう。

 

アイブロウはコスプレ用に白やピンクなどカラーの付いているものが販売されています。

コスプレイヤーは、眉毛の色が茶色ではないキャラクターのコスプレをする時はカラーの付いているアイブロウを使って眉毛を書いています。

 

私のビフォーアフターです

 

【リップメイク編】

 

最後は、唇のリップメイクです。

お化粧をして明るくなったお顔にリップメイクをすることで、更に魅力的なお顔になることができます。

リップメイクに最低限必要なコスメはたった2つです。

 

リップクリーム

<Amazon.co.jp>

塗る事で唇の乾燥を防ぎ、プルンとした唇にしてくれるアイテムです。

色の付いているものと、付いていないものがありますがこのあと口紅を塗る場合は色が混ざってしまうので色の付いていないものを塗るのをオススメします。

口紅の前に塗る事で、お化粧品を直接肌にのせて荒れてしまうことも防げます。

 

口紅、リップグロス

<Amazon.co.jp>

塗る事で唇の色を変え、顔のバランスを整えてくれるコスメです。

一般的なクルクル回す棒状のもの、液状のようなグロスタイプがあります。

アイメイクをしなくても、口紅やグロスを塗るだけでお顔を魅力的に仕上げてくれます。

 

以上が、コスプレメイク、そして普段のメイクに必要な最低限のコスメでした。

次は、この最低限のコスメにプラスであると良いコスメとアイテムを紹介していきます。

 

コスプレメイクにあると良いコスメ

 

最後に、先ほどの最低限のお化粧品にプラスαで持っておくと良いコスメを紹介していきます。

顔全体編

目元編

プラスであるといいアイテム

の三つに分けて紹介していきますね。

 

どれも、私生活で行う普段のメイクでも使うアイテムです。

このプラスαのお化粧道具があれば、あなたの顔の魅力を最大限に引き出し、キャラクターに近づけるコスプレメイクをすることができます。

 

【顔全体編】

顔全体の雰囲気を良くする事のできるコスメです。

 

フェイスパウダー

<Amazon.co.jp>

先ほどの【化粧下地→ファンデーション】の後にお顔に重ねるコスメです。

フェイスパウダーは細かい粒子の非常にサラサラしたパウダー。

【化粧下地→ファンデーション】の後にフェイスパウダーを塗って表面をサラサラにすることで、長時間経った時に起こる化粧崩れを防ぐことができます。

 

化粧崩れ
化粧をしてから時間が経ち、皮脂が出て顔が脂っぽくなることやファンデーションが落ちてくること。

 

チーク

<Amazon.co.jp>

ほっぺたの上に乗せる事で、可愛らしい印象を与えることができます。

一般的なカラーはピンクですが、オレンジ、パープルなどちょっと変わった色味もあります。

メイクの仕上げにほっぺたに乗せる事で更に可愛く!時にはクールになれるコスメです。

 

コンシーラー

<Amazon.co.jp>

濃い色のついた液体状のコスメです。

【化粧下地→ファンデーション】で隠し切れなかったニキビやシミを隠すことができます。

また、目の下のクマやホクロを隠すのにも使えます。

 

2次元のキャラクターはホクロのない子が多いです。

なので、コスプレイヤーさんはコンシーラーを上手く使ってホクロを隠したりしています。

また、コスプレメイク特有の【眉毛消し】をする時にもコンシーラーが大活躍します!

 

フェイスシャドウ

<Amazon.co.jp>

肌に塗り、顔に影の部分をを作ることで顔を小さく見せたり鼻を小さく見せたりできるコスメです。

俗にいう、シェーディングの際に使います。

 

フェイスシャドウには、パウダータイプのものと口紅のような棒状のタイプがあります。

顔に影を作ると女性でも男らしさを出すことができるので、男性キャラクターのコスプレをする時には絶対的にあると良いコスメです。

 

ハイライター


<Amazon.co.jp>

フェイスシャドウの逆の用途のコスメで、塗る事で顔を部分的に明るくし、目力をあげたり鼻を高く見せることができます。

私生活の時のお化粧で使用されるハイライターですが、これがコスプレにも大活躍!

目の下に塗る事で目元を明るくし2次元のような目力を出したり、鼻筋にのせることで美人系のキャラクターの高い鼻を再現することができます。

 

ハイライターもフェイスシャドウと一緒で、男性キャラクターのコスプレをする時には持っておいた方がカッコよくなれるコスメです。

 

【目元編】

 

先ほどのアイメイク編のアイテムと併用して使うことで、更に目力をアップさせてくれるコスメを紹介します。

 

カラーコンタクト

<Amazon.co.jp>

目の中に入れて、瞳の色を変えるアイテムです。

多くのキャラクターは黒以外の瞳の色をしているため、コスプレイヤーはカラーコンタクトを付けてキャラクターの瞳の色と同じにしています。

必須アイテムではないですが、カラコンを付けるだけで顔の雰囲気が劇的に変わるため装着をできるともっとキャラクターに似せたコスプレができます。

 

普段コンタクトを付けたことがなく、初めてコンタクトを付ける前は必ず眼科での検査受診が必要です。

かかるお金と当日の検査の流れについてはこちらにまとめましたのでご覧ください。

 

アイプチ、アイテープ、メザイク

<Amazon.co.jp>

一重の瞼(まぶた)を二重にすることのできるアイテムです。

液状のグルータイプ、テープを貼りつけるテープタイプがあります。

二重の方の場合でも、アイプチを使えば二重幅を広くすることができるのでコスプレメイクでも大活躍します。

 

つけまつげ

<Amazon.co.jp>

まつ毛の根元に付ける事で、更にパッチリの可愛い目になれたり、目じりにつけることでクールな切れ長の目になることができます。

アイメイク編のメイクにプラスすることで、別人のような自分になることが出来ます。

コスプレメイクにとっても欠かせないアイテムです。

使うためには次で紹介するつけま糊が必要になります。

 

つけま糊

<Amazon.co.jp>

上で紹介したつけまつげを付けるのに必要なアイテムです。

液状で、つけまつげの芯に塗って使います。

つけま糊をぬってつけたまつげを引っ張って取ると、自まつげや瞼を傷めてしまうのでアイメイク専用のメイク落としでふやかして外すのが基本です。

 

コスプレ時には、コスプレウィッグの毛束を顔に張り付ける時にも使ったりします。

顔に張り付ける理由は、顔の輪郭を隠したり、キャラクターの前髪を再現するときだったり「この位置に髪の毛があってほしい」という位置に固定しておくためです。

 

【プラスであるといいアイテム

最後に、コスプレメイクをする時にプラスで用意しておくと良いアイテムを紹介していきます。

どれもそんなに高くないお値段で用意ができます。

 

フェイスブラシ類

<Amazon.co.jp>

POINT!

・ファンデーションやチークなど粉上のものをムラなく塗れる

・付属で付いているパフやブラシより細かくメイクができる

フェイスブラシはファンデーション、チーク、アイシャドウ、フェイスシャドウなど粉上のコスメを顔に綺麗に塗ることができるアイテムです。

市販のコスメにもブラシやメイクチップがついているのですが、固かったり、バサバサだったりで塗るときにムラができてしまうことも。

メイクブラシは、柔らかい繊維でできていて使う事で肌に色を柔らかく載せたり、細かいブラシを使えばコスプレメイク特有の細かいコスプレメイクをすることができます。

ファンデーション用ブラシ、チーク用、アイシャドウ用などのワンセットで1,000円前後でも揃えることができるのでぜひ持っておくとコスプレメイクが捗ります!

 

こちらの記事でインタビューさせて頂いたコスプレメイクの上手な西妻さんも、コスプレメイクをする時のために

数種類のフェイスブラシを持っていました。

 

メイク落としシート

<Amazon.co.jp>

POINT!

・間違えて引いてしまったアイラインなどをすぐに落とせる

・濃く塗ってしまったアイシャドウやチークを落とせる

コスプレメイクで最も難しいと言われているのが「アイライン」。

自分の顔に、キャラクターの命が吹き込まれる部分です。

コスプレメイクでは特に目元をキャラクターに似せることができないと、キャラクターの雰囲気が出ません。

それゆえに、何度も書き直しの失敗が発生しやすい箇所です。

 

そんな時に、すぐに落とせるシート状のメイク落とを用意しておけばサッと拭くだけで簡単に消したい箇所のメイクを落とすことができます。

ぜひ、持っておきましょう。

 

綿棒と化粧落としオイル

<Amazon.co.jp>

POINT!

・目のキワや、細かい部分のメイクが落としやすい

先ほどのメイク落としシートは全体的なメイクを落とすのに優れていますが、細かい部分だけを落としたい時はシートが大きいので難しいです。

そこで、綿棒とメイク落としオイルが登場です。

綿棒にメイク落としオイルを浸せば、細かいところだけメイクを落とせるメイク落とし綿棒の完成。

ダブルライン(二重の線)や細かいアイメイクの一部だけを落としたい時に大変便利です。

 

最近では、100均に既にメイク落としがしみこんでいる綿棒が置いてあったりしますよ。

 

以上、コスプレメイクをする時にプラスであると良いアイテムでした。

 

 

今回のまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

コスプレメイクは、日常のメイクにコスプレのメイク要素をプラスしたもの。

ですので、まずは基本的なメイク道具が必要です。

そしてコスプレをしたいキャラクターに合わせて、その基本的なメイク道具にプラスしたアイテムが必要になってきます。

 

ちなみに、今回は紹介していませんがコスプレメイク専用のコスプレ専門店から出ている整形のような顔の変身ができるアイテムもあります。

こちらにまとめておきましたので、もっとキャラクターの顔に似せたメイクがしたいと思ったら是非ご覧になってみて下さい。

 

 

関連記事

  1. 【コスプレ初心者さんへ】ウィッグのカット・セットに必要な物と『あるといいアイテム』一覧

  2. 【コスプレ初心者さんへ】コンタクトの基礎知識と専門用語を解説

  3. 【コスプレ初心者さんへ】コスプレ歴8年の私がお勧めするコスプレカラコン販売店

  4. 【初心者向け】コスプレウィッグの正しい被り方と綺麗に被るコツ

  5. コスプレ初心者さんの何から?を解決!コスプレの始め方

  6. 【コスプレ初心者さんへ】初めてのカラコン!眼科受診の仕方、当日の流れを解説します

  7. コスプレ初心者必見!キャラに似せる!コスプレメイク専用アイテムまとめ

  8. 【コスプレ初心者さんへ】ワンデー?マンスリー?コンタクトの使用期間を解説します

  9. 【コスプレ初心者さんへ】失敗しない!コスプレ衣装専門店3つと+αを紹介

PAGE TOP